.

直接的でないクレジットカード使用の手法は容易です。クレジットを利用して直で購入できない販売品をストレートに取引するという事ではなく直接商品を買わずに買い取りするのがいいのです。理屈が容易な事によりまずはじめにギフトカードのたとえを用いて解説してみたいと思っています。個人が有名な銘柄のカバンを買いたいとそれを見つめているようです。ブランドアクセサリーを置いている店舗ではクレジットカード使用で購入することができないのです。けれどもVISA、MasterCard、Diners clubなどの商品券でなら購入を許可してくれるようです。なので例になる若者はクレジットで商品券を取り寄せする事ができるギフトカードを売っているショップにおもむきクレジットカードを使用してJCB、MasterCard、Diners clubなどの金券を注文してみます。そうしてクレジットカードを利用して購入したMasterCard、NICOSなどの券を店舗に持っておもむき使いたかった有名なカバンを買い付けたとします。「なぜギフト券で購入した人物は例のような煩わしいことする必要があるの?」と考える事もあるかもしれませんが、実を言えばこのプロセスを使う事によってでは得られることのないクレジットカードポイントが得られます。普段通り、キャッシュを払って価値のあるバックを買い付けしたりした場合クレジットポイントは手に入れられませんし、NICOSなどの商品券をお金で注文した後に使用してもクレジットポイントは獲得できません。ところが今説明した例、JCB、Diners clubなどの商品券をクレジットで取り寄せしたという理由により、素晴らしいバックを買った場合と同じ数のクレジットカードポイントが得られるようになります。こういう場合が段階を踏んでクレジットカードを使った事であるという理由で、直接でないクレジットカードと銘打たれている手順です。