.

私は猫が大好きです。草花木果

子供の頃、猫が飼いたくて飼いたくて仕方がありませんでした。素行調査の費用

実家は一軒家で庭もあり、猫を充分飼える余裕もありました。みんなの肌潤 セット

だけど飼えなかったのは母が動物が嫌いだったからです。白内障 治療

それでも姉と私は欲しくて欲しくて、私が五年生の時に友達から もらってきてしまいました。クレジットカードおすすめ紹介

父は飼ってもいいということだったのですが、母がもう怒って大変でした。冷却期間 どのくらい

それでも飼い始めると不思議なもので一番嫌っている母になついたんです。傷んだ髪を修復

とても性格がおとなしい猫で、人懐っこくこたつのふとんの角が定位置でした。

母も猫にどんなトラウマがあったか知りませんが、うちに来たねこちゃんによって 概念を覆されたようです。

トラ模様のとってもきれいな猫でした。

我が家のみんな大好きになりました。

そんな我が家の猫は、交通事故に遭い、片目を失ったのです。

学校から帰ったある日、うずくまっているのを発見しました。

顔を見ると目が飛び出しています。

獣医さんに連れて行き、手術が行われました。

車のバンパーに側面がぶつかったのだろうということでした。

それでも命はとりとめ、片目になりましたが10年、おじいちゃんになるまで 穏やかに暮らして息を引き取りました。

猫も一緒に暮らすと大事な家族ですね。