.

思いつきもせず突然出あってしまうのが交通事故です。

この状況でどう作業した内容によって、車の保険料の額も相当大きく変わってくる場合もあるので正確な考え方と対応が大事です。

予測できない場面で気が動転してしまったら対応を忘れてしまい後々自身が大きな損を被る状況もありえるので事故に巻き込まれた時には落ち着いて以下に記述した判断をしましょう。

自動車の事故に遭遇した時に最も初めにする事は重軽傷者の状況の確認です。

のすぐ後はパニックになってぼうぜん自失となってしまう場面がありすぐには動けないのが通常です。

重軽傷者がいたならば安全な場所へ移動してから応急な手当を施し周りの人に助けを求めるなどして救助第一に努めることが大事です。

救急車に連絡する時は正しい位置を連絡し、不明な場面では近くの目に留まった建造物や交差点を連絡し事故が起こった場所が判断できるようにします。

2番目に110番に電話して、事故があった事さらに簡単な状況を連絡します。

救急車と警察が来るのを待っている間に事故相手の情報を確認します。

氏名、住所、電話番号、事故の相手の保険の会社名という互いのことを交換します。

その場面で事故の相手方に非があった時には、事故現場で処理することが考えれますが現場で結論を出すのではなくどのケースであっても110番や車の保険会社報告して、平等に調査してもらう事が大切です。

お互いの身元をやり取りしたら他の車の邪魔にならないように障害物を路上から取り去ります。

もしも邪魔な物が誰かの車の障害となっている状態では、情報を交換するより早くそれをしても構いません。

その次にあなたの入っている自動車の保険会社に電話をし自動車での事故があった事を報告します。

車の事故から一定の時間内のうちに車の保険会社に連絡を入れないと、自動車での事故の保険の適用外となる状況も考えられるのでできるだけ速やかに行うことが欠かせません。

また交通事故の証拠としてコンパクトカメラや携帯等を用いて現場や事故車の破損の状態の写真を撮ります。

この証拠写真は過失のパーセンテージ決定する時にとても重要な証拠となりますので、自身のクルマや先方の愛車の状態を正確に写真に残しておいてください。

この時に近くに人がいれば警察の方や保険会社が駆けつけるまでその場所に待ってもらうよう求めることも忘れないようにしてください。