.

自動車重量税、通称重量税は国産自動車とかドイツ車というような愛車の生産している国やエコカー、ステーションワゴンという車のタイプに全て同じで例えば、ボルボ、等にも当たり前に納付しなくてはいけないもののことをいいます。76-20-125

新車を登録するさい、あるいは定期的にある車検を受ける時に支払いが発生するお金になります。76-5-125

支払額はクルマのウエート毎に定められています。76-17-125

「自動車重量税」と「自動車税」は異なる税ですからきちんと理解をして勘違いしないようにしなければなりません。76-16-125

「自動車重量税とは自動車の重さにより」「自動車税は自動車の総排気量によって」金額が変わります。76-7-125

また、売却の時の対応も異なりますので注意しましょう。76-13-125

自動車の買い取りの際には支払った車の税額がどれだけ残っていたとしてもその額が返還されることはないです。76-8-125

一方自動車税の時は、既に支払った税額を買取額に乗っけてくれるという場合があるものの、重量税については足されることはほとんどないのです。76-9-125

重量税の場合はいくら既に支払った額が残っていると言っても車の店側でそのことが考慮される場合は少ないのです。76-4-125

ですからその次の支払い分かりやすく言えば車検に出すまで売らずに待ってから売るということが無駄は少ないと思います。76-6-125

自動車の買い取りの時は戻ってこないのが重量税ですが例外的な事例では還ってくることもあるのです。

その時は、車検期間が残ったままの自動車を廃車にする時。

要するに廃車申請をすれば残存期間に応じて額が戻ってきます。

ただ中古車売却の場合はその自動車が廃車になるのとは違うので還付されません。

それに愛車の名義変更をしてしまった場合や、盗難にあったケースなども返金してもらうことは不可能です。

重量税の残存期間がある自動車を買い取るイコール要するに車検期間がまだあるクルマです。

業者も配慮しますから自動車重量税が残っていれば買取金額は上がることでしょう。

勿論、買取額は買取業者次第で異なりますが、車検が残っているということが考慮されれば、自動車の買取金額と比較するとそこまで割に合わないということもありません。



76-1-125 76-3-125 76-19-125 76-15-125 76-14-125